伸縮装置ラインナップ早見表! 橋梁用伸縮装置にお悩みなら、今すぐチェック!

伸縮装置3つの種類【分類ごとの特徴と選び方を解説】

伸縮装置の画像集

伸縮装置には大きく3つの種類に分けることができます。構造別と材質別、機能別の3つです。

各装置は、衝撃の吸収性が高い、維持・管理が簡単など、それぞれで特徴が違います。そのため、設置する橋や道路の環境に合った装置を選ぶためには、各々のメリットを知ることが大変重要なのです。

この記事では、伸縮装置の種類について紹介し、それぞれの特徴とメリットを解説します。記事を読めば、どんな装置があるのかを大まかに押さえることができます。

伸縮装置3つの種類

鋼材の伸縮装置

伸縮装置は次の3つの種類に分けられます。

  • 構造による分類
  • 材質による分類
  • 機能による分類

使っている材料、作り、使う場所の3つで分類するというイメージです。また、それぞれの種類でもさらに細かく分類されるので、各種類の概要を順に解説します。

構造による分類

構造による分類は、装置の上を走る車両の重さ(輪荷重)を支持するかどうかがポイントです。次の2つの種類があります。

  • 突き合わせ型
  • 荷重支持型

突き合わせ型が輪荷重を支持できない構造で、荷重支持型がその名の通り輪荷重を支持できるものです。

前者は比較的安く、後者は耐久性が高いので多くの場所で使用されています。より詳しくは次の記事でご覧ください。

≫荷重支持型?突合せ型?輪荷重への対応で分ける伸縮装置2タイプ!

材質による分類

伸縮装置の主な材質が何かで分類します。次の3つの種類があります。

  • フィンガージョイント
  • ゴムジョイント
  • 埋設ジョイント

ゴムジョイントはゴム材と鋼材、埋設ジョイントは使用する道路と同じ程度の舗装材料を主に使っています。

フィンガージョイントは鋼材を使っていて伸縮性が高いため、遊間の大きい橋に使用されるケースが多いです。ただし、メンテナンスが大変で定期的なチェックが必要となります。

機能による分類

装置を使用する場所がどこかで分類します。次の3つの種類があります。

  • 車道部用
  • 歩道部用
  • 縦目地用

縦目地用は、車両が進む方向にそって設置される伸縮装置です。主に道路の幅を広くする拡幅の際に使われています。

車道用は鋼材だと車がスリップする恐れもあるため、露出面積が大きい場合は滑り止めの加工を施すことも多いです。

伸縮装置の種類は設置する環境に合わせて選ぶ

伸縮装置は種類も豊富にあるため、その選択がとても重要です。周辺の環境や施工箇所の状況をみて、適切なものを選ぶことで橋や道路の保全や通行者の安全に繋がります。

伸縮装置の選ぶ方3つのステップ
  1. 図面から伸縮桁長を求める
  2. 温度変化の係数をかける
  3. 求めた伸縮量に余裕量を足す

新設か補修か、あるいは寒い地域なのか。設置する場所をしっかりと把握して、選定計算に反映しなくてはいけません。

より詳しくは次の記事にまとめていますので、以下をご覧ください。

≫伸縮装置の選定はこれで完璧!かんたん3ステップ選定法

すべての橋梁に対応できる画期的な伸縮装置の種類

鋼材にしてもゴム材にしても、伸縮装置にはそれぞれにメリット・デメリットがあります。そのため、装置の選定も大変ですが、すべての橋や道路に対応可能なものもあります。それがハイブリッドジョイントです。

ハイブリッドジョイントの主な特徴
  • 伸縮量が大きく長大橋でも小さい橋でも使える
  • 鋼橋やRC橋など、すべての橋に対応できる
  • 耐久性が高くメンテナンスがほぼいらない
  • 補修が簡単で経済的にもお得

止水性も高く、橋梁の天敵でもある漏水の対策としても効果が高いです。また、施工も簡単で早く設置できます。詳しくは次の記事で紹介していますので、そちらのページをご覧ください。

≫ハイブリッドジョイントとは?【7つの特徴と製品事例を紹介】