伸縮装置の総合情報のウェブページ

橋梁用伸縮装置のことなら何でもわかる!

後打ちコンクリートに求める性能とは?伸縮装置を長持ちさせる3つのポイント

後打ちコンクリートに求める性能とは?伸縮装置を長持ちさせる3つのポイント

製品ジョイントの施工にあたって、構造上必須となるのが後打ちコンクリートです。
施工や計画にあたって、後打ちコンクリートに求める性能とは何でしょうか?
この記事では、伸縮装置を長持ちさせるための後打ちコンクリートに求める性能のポイントを

3つご紹介します!

 

■後打ちコンクリートに求められる性能って、なんだ?

後打ちコンクリートに必要最低限な要素とは、

 

◆下までコンクリートが充填されている
◆強度が満足している

ことが求められます。

 

加えて、あると良い要素として、

 

◆クラックを防止するためしっかりと養生する
◆仕上げが綺麗

などが挙げられます。

 

詳しい説明は以下の通りです。

 

■具体的には何をすればいいの?

●ゴムジョイントの施工では、遊間にコンクリートが流れ出ないようにしっかりと型枠材を埋める!

コンクリート品質については、管理に必要な知識があれば十分です。
設計要領や、公共機関が指定した基準となる示方書の指示に従いましょう。

 

特に伸縮装置の後打ちコンクリート打設時で注意しなくてはならないのは

コンクリートをきちんとせき止め全体に充填させることです。

 

しっかりとコンクリートが行き渡るよう、内部振動機を正しく使用することが重要です。
また、設置の際に内型枠材をきちんと設置しなければ、桁下にコンクリートが駄々漏れに

なってしまうこともあります。

 

打設の際は、上記の点を注意しましょう。

 

●補修の場合は超速硬コンクリートを使用する!

補修工事の場合、規制内に工事を完了させるためには、斫りから打設したコンクリートを共用できる

強度まで短時間で固める必要があります。

 

既設ジョイント撤去から設置までにも、かなり時間を要しますので、コンクリート養生時間の確保が重要です。
通常、補修工事では打設から養生時間が2~3時間で完了する超速硬コンクリートを使用するのが一般的です。

 

なお、新設の場合は普通コンクリートでもしっかりと養生時間が取れる為、

超速硬コンクリートを使う必要はありません。

 

場合によって使い分けるようにしましょう。

 

●しっかりと養生時間を取り、クラックをなくそう!

一般的に、伸縮装置よりも損傷破損しやすいのが後打ちコンクリート部分です。

 

また、超速硬コンクリートを使用した場合は特に、養生時間の確保が難しく乾くのも早いため

かなりの確率でヘアクラック等が発生してしまいます。

 

ヘアクラックのみであれば強度的に大きな問題にはなりませんが、

大きなクラックは破損の原因になりますので、出来る限りクラックは生じさせないよう、

表面の養生はきちんと行いましょう。

 

 

■まとめ

◆3つの要点
●ゴムジョイントの施工では、遊間にコンクリートが流れ出ないようにしっかりと型枠材を埋める!
●しっかりと養生時間を取り、クラックをなくそう!
●補修の場合は超速硬コンクリートを使用する!

 

 

関連記事

伸縮装置ラインナップ早見表
伸縮装置自動選定ツール

伸縮装置博士を目指して!~「ゴムジョイントって何だ?」編~

おススメの記事