伸縮装置の総合情報のウェブページ

橋梁用伸縮装置のことなら何でもわかる!

カバープレートの形いろいろ…条件に合わせて適切な選定を!

カバープレートの形いろいろ…条件に合わせて適切な選定を!

 

伸縮装置の両側の地覆ではどのような処理をしたらよいか、以前の記事でご紹介しました。

 

伸縮装置の地覆処理―意外な落とし穴!地覆次第で止水性は大きく変わる

 

この中でカバープレートについて少しだけ触れていますが、説明足らずでしたので、
この記事ではカバープレートの種類などについてご紹介します。

 

壁高欄カバープレートの種類

壁高欄用のカバープレートの形状は、代表的なもので3つあります。

 

①片止めカバープレート

片方の高欄にアンカーボルトで固定し、片方はフリーに動くタイプのカバープレートです。
最もシンプルな形状で、よく見かけます。
ステンレス製またはメッキ加工のプレートを使用します。

 

<設置例>

 

②両側止めカバープレート

片方の高欄にアンカーボルトで固定し、片方は長穴を開けてスライドして動くタイプのカバープレートです。
伸縮量の大きい橋梁でよく見かけます。
ステンレス製またはメッキ加工のプレートを使用します。

 

<設置例>

 

③ゴムと組み合わせたカバープレート

ゴムシートをプレートで挟んで高欄に固定するタイプのカバープレートです。
橋軸直角方向や鉛直方向など、イレギュラーな動きのある橋梁で見かけます。
ステンレス製またはメッキ加工のプレート及びクロロプレン系のゴムを使用します。

 

<設置例>

 

カバープレートに関する注意点

①の片止めタイプは多くの橋梁で使用されていますが、伸縮量や遊間が大きな現場では注意が必要です。
伸縮量が大きくなると、カバープレートも大型になっていくので、重量に耐えられない可能性があります。
それが懸念される場合は、②の両側止めタイプになることが多いです。

 

②の両側止めタイプは、カバープレートが大型になる場合によく使われます。
しかし、橋軸方向以外の動き(橋軸直角方向、鉛直方向など)がある橋梁だと、ボルトが取れてしまう可能性があります。
橋軸方向以外の動きがある橋梁では、避けるのが無難です。

 

③のゴムとの組み合わせタイプは、比較的どんな橋梁にも適応できます。
橋軸方向以外の動きをゴムが吸収してくれるためです。
もっとも、加工したゴムを使用する分、①②と比べて価格は少々高くなるのと、納期も長くなる傾向があります。

 

また、カバープレートには、ガードレールなどと同様、必ず「向き」があります。
車の走行方向の手前側に固定部分が来るように設計・設置するのです。
中央分離帯にカバープレートをつける場合は、写真のように、分割して
設置するのがよいでしょう。

親柱などの構造物があるために、このように設置できないケースもありますが、
それでも問題ないか、事前に確認しましょう。

 

まとめ

・設計条件をしっかり確認し、現場に合わせたカバープレートを選定すること
・カバープレートには適切な「向き」があるので、必ず確認すること

 
 
 

関連記事

伸縮装置ラインナップ早見表
伸縮装置自動選定ツール

伸縮装置博士を目指して!~「ゴムジョイントって何だ?」編~

おススメの記事